プロフィール

REN空術® 遠隔育毛専科ひふみ 

大澤 知子(おおさわ ともこ) 
静岡県在住
1971年1月1日生まれ  
AB型
tomoko.anmo@gmail.com

幼少期から結婚 出産 離婚

幼少時代を神奈川県横浜市で過ごした私は、小学生になっても指しゃぶりが治らず、寝ぼけグセ(夢遊病?)あり、回転生目眩あり、便秘症、あがり症、方向音痴、運動音痴、消極的で大人しくて声が小さく下ばかり向いているようなコだったようです。
そんな私は小学校5年生の時に千葉県香取市という田舎に引っ越してから、地元の小学校、中学高校を卒業。
その後、実家を離れて千葉市内の洋菓子製造の職につき寮生活を始めましたが、ハードな生活に体調を崩し退職。その後、医薬品を扱う会社に就職するも妊娠をキッカケに退職。

そして、20歳の時に結婚。2人の子供に恵まれ、子供たちが幼い頃は自宅で内職。下の子が保育園に通うようになってからは、某電力会社の社員食堂でパートとして働きながら調理師免許を取得、8年間勤務しました。その後はクリニックの看護助手として13年間 正職員として勤めてまいりました。
現在は病院に勤務しております❀

その間、子供たちが自立すると“空の巣症候群”になってしまい、今更でしたが旦那様との価値観のズレに悩み、自分の生きる方向性を見失い、鬱のような状態になってしまいました。そして24年間の結婚生活にピリオドを打ちました。

現在は、可愛い孫に癒されながら、シングルライフをenjoy(๑❛ᴗ❛๑)♪

愛犬マルプーの"あんちゃん"と暮らしています。

私は、21歳の時から偏頭痛に悩まされて約20年間、大量の鎮痛剤薬を服用し続けた事で薬物乱用型頭痛になってしまいました。鎮痛剤を服用すると更に酷い頭痛になり、嘔吐を繰り返し、かなり辛い状態になってしまいます。なので鎮痛剤は今でも服用できません。

人生再出発

離婚を経て、1人の生活をスタートさせた私は、これまでの自分自身を見つめなおし、人生を再出発する決意をしました。かと言って急に自分を変えるなんてできるわけないんですよね(笑)

これまで、誰かの言いなりになったり、流されるように生きてきた私の背中を押して、支えてくれたのは、全てを知っている子供達でした。
すぐ慌てて動揺してしまう私の話を、静かに見守って、誘導して支えてくれる娘。
なんでも「ま、いいか」と生きてきた私。揺るぎそうになると「もう妥協しないって決めたんだろ?」と考える“時間”を守ってくれる息子。

これまで色んな試練がありました。
でも子供たちがいるから、私は頑張ってこれました(๑❛ᴗ❛๑) 

守っているようで、守られているんだと気づきました。


この先の人生

何をしていいのか
何がしたいのか
どうやって生きていけばいいのか 

そんな事ばかり考えては不安になり焦っていました。
お寺で坐禅や写経をして心を落ち着かせようとしたり、一人で筑波山を登山したり、神社仏閣巡りをしたり…西洋レイキをサードディグリーまで取得しました。

でも、何かが違う。

何かに焦ったり迷ったり、辛い日々を過ごしていた時にREN空術®と出会ったのです。
正確に言えば、師である新垣俊幸先生に出会い『心の奥底にある傷みまでも癒し、解放へと導く施術』を目の当たりにした瞬間「私のやりたかった事はコレだ!」と確信。その瞬間に私の人生が走り出したような気がしています。

REN空術®と出会い、多くの先生方との出会いが私を変えてくれました。

この奇跡のような御縁に心から感謝しております。


クライアント様のお身体と心の声に寄り添う施術を心がけております。